とあるオタクの長期投資

投資、時々ラノベオタク

ETFを使った投資のメリット【金融業界の革命児】


どうも、あいうえです。

 

このサイトではいつもETFの紹介をしていますが、今回はそのETFについて書こうかなと思います。

 

ETFはまだまだ知名度が低いので、ETF投資家としてそれを広めるのは私の使命なのです……!

 

 

1 そもそもETFとは何か

スポンサーリンク

 

ETFって、日本ではまだまだマイナーですよね。

 

ニュースで、日銀のETF買い入れとか言われても(?_?)ナニソレ?という人が多いと思います。

 

なので、まずはETFについて説明します。

 

まあ、いろんな説明が考えられますがETFとは単純に言えば株式の集合体です。

 

例えば、日経225に連動するETFを買ったとします。

 

すると、それだけで日経225に採用されている銘柄すべてを買ったことになります。

 

例え1万円分しかそれを買わなかったとしてもそうなります。

 

なぜなら、ETFを運用している会社がETFを購入した投資家の資金で日経225に採用されている銘柄を沢山買うからです。すると、そのETFを買った投資家は間接的に日経225に採用されている銘柄すべてを買うことになります。

 

資金が少ない個人投資家は日経225採用銘柄すべてを買うなんて芸当は到底できませんが、ETFを利用することでなんとそれが可能になるのです。

 

これは地味ならがも大きな金融革命でして、おかげで投資が非常に楽になったとされています。お金がなくても投資の基本である分散投資ができるわけですからね。

 

「日経平均に連動するように株を買う」ということを個人でやろうとするといくら資金が必要なのか考えるだけでもクラクラしますが、ETFを使えば1万くらいでできます。

 

そして、ETFの価格は連動先の指数の動きによって決まります。

 

例えば日経に連動するETFなら、日経平均が1%上がれば1%価格が上がりますし、1%下がれば1%下がります。

 

そして日経に限らず、NYダウに連動するものとか、ヨーロッパ全体の株に連動するものとか、債券に連動するものとかいろいろなETFがあります。そのほかにも、特定の種類の会社(銀行とか)の株に連動するETFもあります。日銀が買ってるのはTOPIXに連動するやつとかですね。

 

このブログでもいろんなものに連動するETFを紹介しています。(宣伝)

 

また、投資信託とは違い、ETFは普通に市場で売買できます。

 

日本で言えば銘柄の番号がありますよね。7203のトヨタとか。

 

ETFも同じように番号がついていて、トヨタ株と同じように売買できます。

 

スポンサーリンク

2 ETFって安全なの?

 

ETFはいわゆる「金融商品」なのですが、安全なの?って思う人がいるかもしれません。

 

「金融商品」という響き自体が怪しいですもんね。

 

しかし、ETFは実物の株式によって保証されているので心配ありません。

 

先ほども書いたように、ETF運用会社は投資家がETFを買ったお金でちゃんと本物の株を買っています。

 

だからこそ、ETFの価格はちゃんと指数に連動するんですね。成績が指数に連動するようにちゃんと株を買っていますから。

 

最悪運用会社が倒産してもその株を売ればETFを買った人には全額返金できるわけです。

 

まあそもそも、日本の市場に上場されているETFの運用会社は楽天やメガバンク・証券会社系列のことが多いので安心してください。

 

ようわからんベンチャー企業(○○○チェックとかね)がやってるわけではありません。

 

海外に上場されているETFとなると日本人に馴染みのある会社が運用しているものはありませんが、大体は歴史のある会社なので心配いりません。というか、ETFで有名なブラックロックは普通に世界最大の資産運用会社だったりします。

 

ちなみに、ETFと違って実物による保証がないものがETNです。ETNは形式上は特定の指数に連動する債券なので発行体が倒産したら価値がゼロになります。

 

ETNの発行体は大抵外国のメガバンクなので必ずしも危険というわけではありませんが、一応知っておくべき知識として書いておきます。

 

3 ETFには経費率というものがある

 

とはいえ、運用会社も「会社」です。ETFを運用するにあたって儲けを出す必要があります。

 

それが「経費」です。運用会社はETFを運用するにあたって経費を投資家に要求します。

 

具体的には、ETFの価格を毎日すこしずつ下げます。

 

例えば、ある日の日経連動ETFが10000円だとします。

 

1年後、日経平均が10%上昇したとします。

 

すると、ETFの価格は本当なら11000円になりますよね。

 

しかし、実際には10990円くらいにしかなりません。その差額が経費です。

 

でも、安心してください。経費率は高くありません。

 

高くても年間0.5%程度、最も低いのだと年間0.03%というのもあります。ここまでくるともはや誤差ですね。

 

経費率についての記事です。

ETFを選ぶ際にどれくらい経費率を気にするべきなのかについて書きました。

 

4 ETFのメリット

 

これまでの話を踏まえてETFのメリットについて説明しますと、

 

1 簡単に分散投資ができる

 

2 低い取引手数料で外国の株に投資できる

 

3 透明性が高い

 

の3つになります。

 

1は最初に書いた通りで、 一つのETFを買うだけで何十、何百の株式を買ったことになるので分散投資がめっちゃ簡単になります。

 

2についてですが、そもそもの話として外国株の取引手数料はとても高いという話があります。

 

両替で手数料を抜かれますし、取引の際は(額に関わらず)最低5ドルが今の標準です。国内株に比べて高いですよね。

 

しかし、日本に上場されている外国に投資するETFを買えば両替も必要ありませんし、取引手数料も国内株と同じ料金体系になります。

 

世界中に投資するということが簡単になったのもETFという革命児のおかげです。

 

3はETFの方が投資信託に比べて規制が厳しく毎日情報開示を求められるという点で透明度が高いという話です。投資信託の運用会社を疑う訳ではありませんが、ETFの方が規制が厳しいということで投資家にとってはETFの方が安心なのは間違いないです。

 

さいごに

 

ということで、最近流行り(?)のETFについて説明しました。

 

金融商品という響きだけで敬遠してしまうかたもいるとは思いますが、その中身は投資家にとってものすごい有用かつ安全度が高いものです。

 

安全度に関しては、日銀とかGPIF、世界の名だたるヘッジファンドが買っているというだけでも十分でしょう。

 

もちろん「きちんとした規制があるから」というのが安全だと言える理由なのですが、世界中の人が使っているということはその規制に抜け穴が今のところ見つかっていないことを意味します。

 

日本では世界に比べると知名度が低いETFですが、これを機にETFを使った投資を検討してみてはいかがでしょうか?

 

お読みいただきありがとうございました。

 

他記事宣伝

 

普段はいろんなETFの紹介を行っています。具体的にいくつかみてみたほうがETFへの理解が深まるかもしれません。


私は投資信託でいいかな……という人には基本ETFと同じくインデックスに連動するものをおすすめしますが、一応アクティブファンドの選び方についても書いてみております。

スポンサーリンク