とあるオタクの長期投資

投資、時々ラノベオタク

現在のポートフォリオ(2019年末)


 

どうも、あいうえです。

 

今日は今の自分のポートフォリオを紹介しようと思います。なお、本記事にはさまざまな銘柄が出てきますが、当該銘柄への投資行動を推奨しているものではありません。

 

 

スポンサーリンク

1 ポートフォリオ

 

現在保有している銘柄は以下の通りです,

 

CAI, VWO, LYB, SWN, GPS, FL, AMLP, BIG

 

保有状況は以下の通り,

 

f:id:syougisyougi:20191226173350j:plain

 

取得原価と現在の損益は以下の通りです,

 

f:id:syougisyougi:20191226173422j:plain

 

なお、評価損益(%)はドル建て平均取得原価と現在のドル建て価格を比べただけの簡易なものなので配当及び為替の影響は加味してません。銘柄ごとの保有期間が異なるので、配当込みだと平均して1~2%程度数字がよくなっていると思います。

 

2 保有銘柄についての簡単なコメント

 

CAI

 

ある人の銘柄をパクっただけです。たとえ損したとしてもその人のせいにしない程度の良識は持ち合わせているつもり。

 

VWO

 

なんとなく新興国にポジションを持ちたかったころの名残。ほかの新興国ポジションは全部精算したがこれだけはなんとなく残してる。IEMGの方がよかったなぁなんて思ってる。

 

LYB

 

石油化学製品を作ってるメーカー。キャッシュフローが安定して得られる一方でPERが10を切っていたので購入。PER10の水準でボコスカ自社株買いをできてるのはシンプルにお得だと思う。景気の変動に対しても比較的強いが、エコ志向による製品需要の凹みと中国への過大投資が不安。

 

バランスシートはまだ健全の域に残っていると思われるが、債務水準がどこまで拡大するのか注視は必要だと思う。

 

SWN

 

資源株。とにかくPBRが低い。買った時は0.35とかそれくらいしかなかったはず。近いうちに返済しないといけない債務もなく、キャッシュフローが回らなくなる心配は短期的にはない。

 

資源株なので減損リスクが大きいと言えるが、チャイナショックのときにボコスカ減損したので流石に大丈夫だと信じてる。個人的に好きなファンドマネージャーたちが入れ込んでる銘柄でもあるので、そういう意味ではCAIに似たパクリ枠。

 

GPS

 

みんな知ってるアパレルメーカーのGAPニキ。ポートフォリオ1のゴミ銘柄。売り上げも減少傾向でなかなかにつらいが、売上がへこんだ程度でそう簡単に赤字になる体質ではない。下手に買収をせず、債務もあまり持たない体質はとてもよい。

 

PERが7くらいしかないのが救いだが、それ相応のリスクは孕んでる銘柄。リスクを加味するとこれ以上の追加投資は流石に厳しいが、キャッシュフローは安定しているのでもう少し推移を見守りたいと思ってる。

 

この記事を読んだ人はぜひ今度GAPでGAPとどでかく書かれたTシャツを買って歩く広告塔になってほしい。

 

FL

 

靴アパレル。成長に陰りが見えたせいかPERが8くらいにまで落ち込んでいるが、マイナス成長しているGAPくんに比べれば相当マシだと思う。小売メーカー特有の無駄に健全なBSと無駄に安定しているCFをぜひ見せつけてほしい。

 

AMLP

 

ETF。利回りが10%と過去平均を大きく上回ったので購入。前例を見る限りよっぽどのことがないとこれ以上は売られないと思って買ったが、ETF自体の経費率が高いので利回りが下がる程度に上がったらすぐに売ってしまうと思う。今はMLP自体あまり信用していないし。

 

BIG

 

また小売。実は何を売ってるのか株主なのに把握してない。ここ数年ずーーーーーと成長も衰退もしてないのに「貿易戦争影響銘柄」に指定されたせいか株価は1人リーマンショックを演じてた。

 

FLとBIGはGPSの失敗を受けて懲りずに買った小売メーカーだが、BIGの方はなんか買った数日後の決算発表で30%くらい爆上げした。もしかしたら「やーいお前のBIG40%爆上げしてるのにポートフォリオに占める割合一番ちいさ~い」と思ってる人がいるかもしれないので言い訳しておくと、一部利確してます。

 

3 近いうちに売る可能性が高い銘柄、買うかもしれない銘柄

 

売るかもしれない子:AMLP、BIG

 

AMLPはもともと短中期のトレードなので。BIGは上がりようによっては次の決算日前くらいに大人しく全部売り払うかもしれません。

 

買うかもしれない子:ADS、AMCX、LDL、FDX

 

ADSはBIG同様一人で楽しくリーマンショックを起こしてるのでそろそろ買えるんじゃないかと思ってる。結構なファンドマネージャーがナンピンしてる銘柄でもあるので。

ただ、クレジット債権が売り上げの多くを占める中で貸倒引当金の積み増しを余儀なくされているのが気がかり。クレジットローンの状況がいまいちよくないという統計もあるしどうか。また、Non-GAAPのCoreEPSをやたらと推してくるところがいまいち信頼できない。

 

AMCXは最近見つけた。結構いいんじゃないかと思ってる。強いて言うなら債務水準が高いのが気がかりだが、通信株なのでそんなもんな気もする。

 

LDLはなんかいろいろやってるコングロマリット的な小型株。いろいろ買収したせいでBSにおける固定負債の見合いがのれんなのが普通に嫌。

企業規模に対する債務の絶対水準も大きいし、景気循環株でそんなことしちゃって大丈夫なんですか?というのは投資家の共通認識のようでPBRが1を切ってる。経営陣もそれは分かっているようで、しばらくは債務の削減に努めるようだがどうか。リスクもリターンも大きい銘柄だからこそもう一段安い水準になるまで粘るか、もしくは小ロットで試しに資金を投下してみるか迷うところ。

 

FDXは有名な輸送株。フリーキャッシュフローがマイナスになるようなレベルの投資を続けて投資家に引かれた結果PERが10ちょいまで落ち込んでしまった。有名な大型株だし事業自体は堀があるのでそう簡単に倒産なんてことはないだろうが、こちらもリスクとリターンがどちらも大きい銘柄なのでもう少し推移を見守ってから投資判断を下したいところ。

 

さいごに

 

ここ十年一切利益が伸びてないのにPERだけはいっちょ前に成長したPGみたいな銘柄が持て囃されてる市況で全力買いはできないというのが今の私の相場観です。なのでちょくちょく資金は入れてますが、債務が少なく・不況にある程度強く・PER(PBR)が低い銘柄がメインになっています。

 

GAPのように失敗している銘柄もあるなか、全体としてはまずまずなんじゃないかと勝手に思ってますが、個別株自体最近始めたので今後も頑張って勉強していけたらなと。

 

ではでは。

 

スポンサーリンク