とあるオタクの長期投資

投資、時々ラノベオタク

【悲しみを背負うMLP】2018年12月の振り返りと来年の展望~ポートフォリオ紹介も添えて~


どうも、あいうえです。

 

12月はまだまだ終わってはいませんが、年末年始は遠出してブログが更新できないということで少し早いですが今月の振り返りを行いたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

1 現在のポートフォリオと売買報告

 

MLP 25%

新興国株 34%

グローバル株式 15%

金 25%

(5%刻み、為替ヘッジ比率90%、円現金除く)

 

遂に米国株君が消えてしまいましたね……。他のアセットはほとんどいじっていないので、米国株の分だけ為替ヘッジ比率も上がっています。

 

売った米国株はUSMVでしたが、MinimumなVolatilityのおかげで為替益込みでギリギリ利益が出ました。

 

今見返したらDIVBは8月末に売ってたので米国株については全体としてみればいい取引ができたなぁと思います。

 

参考:赤がUSMV、青がSP500(≒DIVB)

f:id:syougisyougi:20181225223457p:plain

 

2 成績

 

いつも通り青線が私の成績で、ベンチマークにはVTI,VT,TOPIXに出張ってきてもらってます。

 

f:id:syougisyougi:20181225223806p:plain

 

もう私の口座の中は現金にまみれているのでベンチマーク3兄弟に比べたら横一線もいいところですね……。

 

ちなみにこの1年の私の成績は円建てで2-3%程度の損失でした。まあ今年は年初来で価格が上昇したアセットが歴史的に少ない年だったらしいので、この程度の損失で済んだのはよかったことなんでしょうね。私は空売りをする系の積極的な投資家ではないので……。

 

3 相場についてだらだらとコメント

 

いやー今月はかなり相場があれましたね。12月利上げは流石に既定路線といえど、FRBが思った以上にタカ派で相場ががっかり、そこにトランプが追い打ちみたいな感じですか?

 

パウエル解任はねぇ……放っておくと大衆は「金融緩和+財政出動」というめっちゃ需要先食いする政策パッケージを選んでしまうから中央銀行の独立があるんじゃないのかねと言いたくなりますねぇ……。

 

まあそれはさておき、12月は原油がめちゃくちゃ下がってしまったので私の推しだったMLPが悲しみを背負う羽目になってしまいました。いやぁ、原油は下がる下がる言い続けてきましたが、こんな急に40ドル台前半に突入するのは予想外でした……。

 

MLPって昔は「原油のパイプラインだから原油価格とは関係ない」って言われてた時期がありまして、それは一回前の原油安で間違ってることが判明していたりするのですが、今回はどうなんですかね。

 

前回の原油安はそもそもが資源バブルだったので、MLPも過剰な設備投資が響いて無事お亡くなりみたいな感じでしたが、逆に言えば今いるMLPはそれを何とか生き残ったしぶといやつらなわけで、設備投資も過剰が見られないなら前回程度の原油下落(底値30ドル)までは心配いらないのではという気もします。

 

というか原油価格下落の背景には米国の原油生産増加があるわけで、その米国のMLPなら問題なくね?という希望的観測も……いや希望的過ぎますね。

 

しかしまあ、できることもないので放っておきます。

 

次はあれですね、年始から下がってたおかげで新興国株が足元米株をアウトパフォームしてますね。理由が悲しいですが、新興国株オーバーウェイトしていた私的には一応グッドニュースです。

 

ただ、崩れ始めた社債市場?という記事で述べたクレジットスプレッドについては順調に広がっているので、新興国が下げ止まってるのをみて安心するのはまだ早いかと思います。

 

参考

f:id:syougisyougi:20181225230124p:plain

 

てかまあ今の下落が(未来人視点で)暴落ではなく調整と称されるものだとしても下げ止まるのに数か月はかかるんじゃないんですかね。裁定でも来年の2-3月くらいまでは荒れてそうです。

 

そして最後の話題はFANG。ふふふ、調子に乗ってたFANGがSP500より派手に転がり落ちてるのは気分が良いですね。私のブログでは話題性のためにAMAZONを標的にしてはいましたが、ちょくちょく「AMAZONよりもやべーやつ」だと述べていたNETFLIXがAMAZON以上に下がってるのが最高に気持ちいいですね。

 

ただ、AMAZONもNETFLIXも年初来の成績が+10%だということは内緒です(笑)

 

さいごに

 

最後の最後になって私の弱気姿勢が正解であることが判明したということで個人的にはとても嬉しい一年終わり方です。え、お前も損失を出してるじゃんって?まあ、多少はね?

 

そして来年はどこで落ちるナイフをつかみに行くかということが求められる一年になりそうです。

 

個人的にはまだまだ下落すると思うので来年の早くて6月、遅くて12月くらいに拾いに行く展開がいいかなぁなんて思っていますが、そこらへんは各国中央銀行の動向・経済指標をみながら高度な柔軟性をもって対応していく予定です。

 

QE4とかになったらいやだなぁ……。私はQEは嫌いなんですよ……。

 

ではよいお年を。

スポンサーリンク