とあるオタクの長期投資

投資、時々ラノベオタク

2018年9月の振り返りと10月の展望~ポートフォリオ紹介も添えて~【一人リスクオフを着々と進行】


どうも、あいうえです。

 

少し早いですが、今月の振り返りにいきたいと思います。

 

スポンサーリンク

1 現在のポートフォリオと売買報告

 

MLP 15%

投資適格債 30%→すべて円に変換

米国株 20%

新興国株 20%

グローバル株式 10%

金 5%

(為替ヘッジ比率60%、円現金除く)

 

はい、相場の変動に対してドル円が耐えているのをいいことに債券を売っぱらって円に変換しました。なお、他の部分についてはポートフォリオサイズが小さいのをいいことにホールドし続けています。ここからいくら下がろうと売ることはないと思います。

 

債券を売るかどうかについては5秒くらい悩んだんですけどね。この債券、1年間ホールドしたところでたかだか3%くらいしか利子をくれないわけでして、ドル円のボラティリティを踏まえるとこの辺りが手放し時かなと思いました。

 

ドル円が下がるようなシナリオ(FRBの金融緩和への転換)のときに債券価格は上昇するので、債券については必ずしも売る必要はないわけですが、リスクをオフにしたいならやっぱり円の現金に戻すのが一番というのが今の私の考えですね。

 

ちなみにBHKは興味本位でまだホールドし続けています。少しだけですけどね。

 

2 成績

 

いつも通り青線が私の成績で、ベンチマークにはVTI,VT,TOPIXに出張ってきてもらってます。

 

f:id:syougisyougi:20181030230004p:plain

 

今月急にリスクオフに舵を切ったというより、ずっと前から少しずつリスクをオフしてきたので、今月の相対的な成績は上々でしたね。やったぜ(?)

 

とはいえ、これはリスクをオフしていたから全体の下落幅が小さかっただけで、私のポートフォリオの中身を見てみるとそこそこひどい成績だったりします。

 

特にMLP。マジかよというくらいに下落しましたね~。……いや、今見たら米株と同じくらいの下落率ですね。そうでもなかったです。まあしかし、米株以上に悪材料がないにも関わらず下落するというのは流石配当利回り8%です。……これだけ配当利回りが高いということは、普通に考えてボラも大きいですからね。

 

f:id:syougisyougi:20181030230513p:plain

 

まあ私、MLPについては文字通りの底(4月)で買えてますし?含み益はあるわけですが(唐突な自慢)

 

これまでの配当を入れると含み益まだギリ10%残ってるんじゃないでしょうか?(重ね自慢)(その程度の含み益どうせ一瞬で溶けるとか言わない)

 

他に特筆すべきことといえば、USMV(米株低ボラ・青線)がきちんと働いてくれたことでしょうか?

 

f:id:syougisyougi:20181030230924p:plain

 

黄色のSP500に対し青のUSMVが貫禄を見せつけています。やっぱり正統派なリスクオフには強いのか?

 

なにかと批判されがちな低ボラですが、こうして仕事してくれるところは流石といったところですね。

 

SP500と比較した直近高値の水準も同じなので、単にボラが小さいというより「上がる時は上がるけど下げるときは下げない」という神スマートベータになっています。実際バックテストもそんな感じなので本当に謎です。

 

スポンサーリンク

3 相場予測

 

えー先月は星座占いだったので今月は血液型占いでいきましょう。

 

注意事項

本サイトの記事によりいかなる損失を被ったとしても、筆者は責任を負いかねます。予めご了承ください

 

1 株

 

知らね以外にいうことはないですね。

今後の株式市場の展望予測を書いてみる【絶対にあたる!?】

に書いた通り、安易なロングは避けたいくらいしか言うことがないのではないでしょうか。

 

例えばここでAMZNを拾いにいくのは私からしたら「オイオイ正気かよ……」という感じなのですが……。実際に拾うことはしませんが、私ならMLPあたりを拾いにいきたいです。てかAMZNって何年先の利益を織り込んだ株価になっているんでしょう。私には想像もつかない世界です……。(個別株分析できない並感)

 

ちなみに、噂のHTUSくんは今米株を120-130%ロングしています。こういうところで何も気にせずに全力ロングできるのはいいところですよね。オルタナティブ枠としてはぴったりというか。成績はともかくとして。

 

2 ドル円

 

ドル円が耐えているのは、この程度のリスクオフじゃFRBは引き締めを緩めないとみんなが思っているからなのでしょうかね。確かに、あのFRBがこの程度で引き締めを緩めるとは思えませんが(12月くらいは強行するのでは)

 

しかし、FRBが引き締めをストップしないとすると、どうやったら株式市場が回復するのかというのは謎です。ECBもBOJ(略語を使うとカッコいいですよね)がどうこうするのは厳しそうですし……。中国の緩和に期待?いやいや……。

 

私が株について新規のロングを組まないのはそこらへんにも関係してます。

 

3 原油

 

上昇し続けるとは思えないと言い続けてきたので、65ドルまで下がったのがとてもうれしかったです(小並)(なお私の利益はゼロ)(世界的なリスクオフに巻き込まれただけじゃねえか)

 

4 ゴールド

 

やっぱり短期的には売られ過ぎだったようで、リスクオフの助けもあり1220-1230ドルくらいまで回復しましたね。このままリスクオフが続くようなら買い、調整で終わるなら売りなのですがはてさて。私にはわかりかねます。でもまあ、売られる展開になった場合に1200ドルはあっさり割りそう。

 

5 ブログ更新頻度

 

全1名のアナリストによる予想の中央値は3回でした。忙しさは軽減される見込みですが、中旬から下旬にかけて予定されている旅行の存在が重しになっているようです。

 

真面目な話、このブログもうネタ切れじゃないです?もはや書きたいことは過去記事で一通り語ってますしおすし。ETFについてもねぇ……どうやって作ってるかよくわからないほどニッチなものについては正直紹介する気力ががが。

 

スマートベータについても正直大手運用会社以外が作ってるものに興味がわきません。よくわかんないとこが作ってるのは流動性がないので正直おすすめしたくないです。

 

 

あ、でもあれですね、サクソバンク証券が欧州ETFに対応してくれたおかげで

【自動で配当金を再投資してくれるETF !?】アイルランド籍のETFへの投資【夢の自動化!】

この記事が日の目を見る日が来たようです。私調べによればサクソバンクが扱ってるSPDRの株式ETFに配当金を内部で再投資するタイプがあります。ブログ界隈ではDRIPが話題になっていますが、正直こちらの方がずっといいかと。

(なんというか、そういうところ先回りして書いちゃってるからネタ切れになるんだよ感が……)

 

さいごに

 

ということで1か月の振り返りでした。

 

この程度の下落で拾いにいくのは私には厳しいですが、とはいえMLP辺りは少し拾ってもいいかなという感じがします。割高だった米株とは違って下落前すらやや割安~フェアバリューという感じでしたからね。インフレに強いのもプラス。リスクは過剰な設備投資でしょうか?

 

正直私にやれることは既に全部やっているので、これからは時間が経つのを見守るくらいしか私にはできません。空売りとかして積極的に利ザヤを取りに行くタイプの投資家じゃないですし。下がる時には軽症で済むように、上がる時にきちんとついていけるタイプの投資を目指しています。

 

お読みいただきりがとうございました。

スポンサーリンク